音研カルチャースクールの特色

日本総合音楽研究カルチャースクールの活動内容

幼稚園・保育園をはじめ、さまざまな教育機関や施設からご依頼をいただき、幼児から高校生・ご年配の方からお体の不自由な方まで、さまざまな方に合わせた多様なスクールを開催しております。
年1回のイベント形式のものから隔週・毎週といった定期開催のものまで。
地域に根付き、子供から大人までより多くの方にご参加いただける『憩いの場』を目指し、日々活動しております。

他にも、これから教室を始めたいという方(団体)や、「自分が経験したことを多くの方に伝えていきたいがその場がない」「やり方が分からない」という方々へ。
企業としてバックアップも行っております。

日本総合音楽研究カルチャースクールはここが違う!!

他のスクールと当カルチャースクールの違いは、
委託先(幼稚園・保育園・その他施設)に通いながら学べるということです。
より安全に、送迎も楽に行うことができます。

【音楽表現】を主体とした『キッズ日本太鼓&エイサークラス』、
【身体表現】を主体とした『キッズ創作ダンスクラス』。
両クラスから子供の感性を総合的に養うことができるフリー出席制を導入しております。
別のスクールでそれぞれ学ぶよりも、低価格のお月謝で通うことができるのも魅力のひとつです。

これらの違いは、これまで当社がさまざまな教育機関からご依頼をいただき、指導をおこなうなかで培ってきた知識と経験がもとになっています。
ご依頼者様(幼稚園・保育園・その他施設)のご理解、ご協力があって初めて実現した、当カルチャースクールだからこそできる教室なのです。
また、1つの項目を集中的に学ぶクラスもあります。

教育をテーマに掲げる指導法(子どもスクールの場合)

当社は50年以上の歴史を持つ「全日本幼児教育連盟」を支える機関として今日まで活動して参りました。
その指導理念は当カルチャースクールにおいても引き継がれています。

技術の習得のみを目的にするのではなく、
【音楽】や【ダンス】を通じ、子供の『心』と『体』を育てることをテーマに日々指導をおこなっております。

また、すべてのクラスがグループレッスンとなっております。
集団生活の中で協調性が養われ、仲間と共に「協力すること」「助け合うこと」の大切さを学び、【音楽】や【ダンス】を通し「想像力」「表現力」が養われます。
グループで連携を取りながら学ぶことで、豊かな人間性も身につきます。

また、発表会やイベント出演等、人前で演奏・演技を行うことで、強い「精神力」が育まれることも大きなポイントです。

これらの繰り返しにより、技術を習得するうえで不可欠な「先生の話をしっかり聴く」「集中して物事に取り組む」「努力して目標を達成する」といった、子供の成長において大切なことが自然と身についていきます。

このページの先頭へ戻る